若者がアナログレコードを買っている? 再注目の理由をレコードプレーヤーメーカーに聞いた

title.png

近年、アナログレコードが再注目されています。日本レコード協会の調査によると、2018年のアナログレコードの生産枚数は112万枚と、2009年の10倍以上。2018年には、ソニー・ミュージックがアナログレコードの自社一貫生産を29年ぶりに再開するという発表もありました。

レコード人気が復活している背景には、何かあるのでしょうか。「ION AUDIO(アイオンオーディオ)」ブランドで人気のレコードプレーヤーを数多く販売しているメーカー「inMusic Japan(インミュージックジャパン)」の、マーケティング担当・岩尾住則さん、鈴木励一さんに詳しく聞きました。

〜 本文は省略されました 〜


ハムスター5さんのコメント

ガンダムの音楽のレコード誕生日に欲しいと親におねだりした事あった。


元のページに戻る